ドッグフードとは

ドッグフードは、犬の食べ物の好みや犬の体に必要な栄養素が配合されて作られている犬の食べ物です。

大量にドッグフードが入っていて1袋500円以下の安い値段のドッグフードや500gで3000円以上するような高い値段のドッグフードまであります。

ドッグフードごとに栄養素や風味、美味しさが大きく変わってくるので、こちらの記事を参考にしながらドッグフード選びの参考にしてみましょう。

ドッグフードの種類

次にドッグフードの種類をご紹介していきたいと思います。

ドッグフードの種類によって、ドッグフードの味や健康へのメリット、料金などが大きく変わってきます。

それぞれのドッグフードの特徴を知って、適切なドッグフードを選べるように参考にしてみてください。

ドライドッグフード | コスパ重視で犬の餌を選ぶなら
犬の飼い主にも一番人気のあるドッグフード

ドライドッグフードは、ドッグフードの中で最も人気のある種類の商品です。

大袋のドッグフードが500円以下で買える商品もあるのでコスパが優れているのが特徴です。

ただ、ドライドッグフードは乾燥していて風味がなかったり、あまり美味しくない商品も多いのであまり安すぎるドッグフードは選ばないようにするのがおすすめです。

ウェットドッグフード | 少しでも犬に美味しい食べ物を食べて欲しいなら
風味豊かで犬の食欲が増えるドッグフード

ウェットドッグフードは、水分が多く含まれているドッグフードです。

ドライドッグフードと比較して少しお値段は高めですが、風味や美味しさが大きく優れているので犬にも美味しい餌を食べて欲しいと考えている飼い主に人気があります。

缶詰ドッグフード | 鮮度の高い食べ物で作られている
缶詰のドッグフードは犬の食欲がそそられて食いつきが良い

缶詰タイプのドッグフードは粉末で作られたドライドッグフードやウェットドッグフードと比較して、食材をそのまま使って作られたドッグフードなので美味しさが群を抜いています。

しかし、缶詰のドッグフードはドライドッグフードやウェットドッグフードと比べると栄養価が低いというデメリットがあります。
なぜなら、ドライドッグフードやウェットドッグフードは犬に必要な栄養素を配合してから作っているので、簡単に栄養を摂取することが出来ますが、缶詰のドッグフードは風味や味は優れていますが食材そのものに含まれている栄養素しか摂取することが出来ないという点では劣っていると言えます。

プレミアムドッグフード | 高級ドッグフードで値段は高いけど人気
無添加の良質な肉や魚で作られたヒューマングレードのドッグフード

プレミアムドッグフードは、高級ドッグフードという部類のドッグフードです。

良質なお肉や魚を主な材料として作られていて、人が食べても全く問題ないほど品質も優れています。

また、無添加のプレミアムドッグフードがほとんどなので犬の健康にも気が使われている商品です。

ドッグフードの選び方

ドッグフードの種類をご紹介させていただきましたが、実際にドッグフードを選ぶ際に何を基準にして選べば良いのか分からない方も多いと思います。

そこで、ドッグフードを選ぶ上で重要になるポイントをご紹介していきたいと思います。

国産のドッグフードでも安全だとは限らない

飼い主によってはドッグフードを選ぶ際に国産だから安心して買えるという方も多くいると思います。

確かに人の食べ物であれば国産の方が比較的に安全ではありますが、ドッグフードを始めとして動物やペットの餌に関しては海外産の方が安全な場合があります。

国にもよりますが、ドイツやスウェーデン、イギリスなど日本よりも動物を大切にする文化が根付いている国が多くあります。日本のドッグフード(特に3kgが1000円以下で買えるような商品。高い値段のドッグフードであれば安全なことが多い)は、使われている素材や材料が粗悪だったり、添加物が多く配合されていることがあるので注意が必要です。

そのような動物やペットを大切にする文化のある国のドッグフードは日本のドッグフードとは比較にならないほど、素材や品質にこだわられていることが多いです。

なので、ドッグフードを選ぶ際に一概に国産だから安全というわけではないので注意するようにしましょう。

犬にアレルギーがあるなら原料に注意してドッグフードを選ぶ

飼っている犬にアレルギーがあることが分かっている飼い主であれば、ドッグフードを購入する際に原料を確認するので問題ないのですが、実は犬にアレルギーがあったということが多くあります。

実は犬全体の約35%以上が食べ物にアレルギーがあるという統計があり、知らないうちにアレルギーの食べ物が含まれているドッグフードを食べさせていたということがあります。

今までアレルギーの症状が出ることなく健康な状態な犬でも風邪を引いたりして免疫力が下がったら、アレルギーの症状が急に出てくることがあります。

そうなることを未然に防止するためには、動物病院で犬の食べ物に対してのアレルギーを検査しておくのがおすすめです。

犬の食べ物アレルギー検査が出来る動物病院を探せる
動物病院の予約も出来るので便利
E PARKはペットのためのトリミングや動物病院を簡単に比較して予約することが出来るサービスです。
もし、飼っている犬に食べ物アレルギーがあるのか知りたい方はお近くの動物病院を予約してみるのがおすすめです。

安い値段のドッグフードや高い価格のドッグフード

ドッグフードは3kgで500円以下で買える安い値段の商品から、3kgで6000円以上するプレミアムドッグフードまで幅広い価格帯の商品があります。

犬のことを考えれば、高めのドッグフードが栄養価や美味しさなど優れているのでおすすめなのですが、そこまでドッグフードにお金を使えない方も多くいると思うので、目安ですが1kgあたり1000円以上するドッグフードを基準にして選ぶようにしましょう。

ドッグフードに含まれている栄養価と美味しさのバランスが適度に取れているドッグフードが多いので、コスパが優れています。

PR:驚くほど犬の食いつきが良い!無添加の素材で作られたドッグフード

犬のために考えられて作られたドッグフード「ブッチ」
ドッグフードをよく食べるようになって犬が元気になる!
犬を飼っている方なら、犬が元気に遊んだり餌を食べてくれると嬉しいですよね。
そういう時におすすめなのが、無添加で食材をそのまま生かしたドッグフードです。
ブッチは、ウェットドッグフードという種類の水分割合が多く食材をそのまま生かして作られたドッグフードで普段餌をあまり食べてくれない犬でも食いつきが良くなるほど、美味しくて人気があります。

ドッグフード「ブッチ」の値段はいくら?

ドッグフード「ブッチ」は、800gの商品が3つセットで税込3000円で購入することが出来るので、初めての方でも比較的に買いやすい値段になっています。
もちろんなのですが、ブッチのドッグフードだけでなく普段から犬に食べさせているドッグフードと交互に与えたり、ご褒美として食べさせたりすることも出来るので、犬にあまり元気や食欲がないと感じている方は是非試してみていただければと思います。

ドッグフードのおすすめ人気ランキング5選

それでは、ドッグフードのおすすめ人気ランキングをご紹介していきたいと思います。

先ほどご紹介させていただいた、ドッグフードの種類や選び方を参考にしながら気になるドッグフードを選びましょう。

愛犬家に大人気!犬に徹底的に寄り添って作られたドッグフード
愛犬家が多いイギリスでも人気のモグワンのドッグフード!
モグワンはドッグフードの中でも群を抜いて愛犬家からの支持を多く集めているドッグフードです。
無添加で人が食べれるぐらい高品質な素材で作られており、グルテンフリーなので犬の食べ物アレルギーのリスクも少なくなっています。
また、モグワンのリピート率は90%を超えるほど人気があります。
モグワン ドッグフードの商品価格 : 3960円(税抜き)

ドッグフードの売れ筋ランキング

ご参考までに、ドッグフードのAmazon、楽天、Yahooショッピングでの売れ筋ランキングをご紹介させていただきます。

 

ドッグフード まとめ

ドッグフードの種類や選び方に加えて、ドッグフードのおすすめ人気ランキングをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

ドッグフードは、当記事で紹介させていただいた種類や選び方以外にも子犬用、大人用、シニア用など犬の年齢に応じて栄養素や食べやすさが工夫されたドッグフードもあるので、飼い犬の好みや年齢、健康状態などに合わせてドッグフードを選ぶようにしましょう。

おすすめの記事